ロゴ
>Topics>介護初心者の最初の関門!介護職員初任者研修を受講しよう

介護職員初任者研修の難易度

130時間の講習を受講してから最後に筆記試験を受けて、合格基準に達することで介護職員初任者研修の資格が取得できます。気になる筆記試験の難易度ですが、講習で学んだことの復習ですので、しっかりと勉強していればほぼ合格できるでしょう。もしも、不合格になった場合でも、追試を受けられてほぼ全員が合格できるようです。

介護職員初任者研修の講座を選ぶ際に重視するポイント

受講料金で選ぶ

学校によって学費が異なりますが、その相場は6万円から15万円です。少しでも費用負担を減らしたいなら、受講料で選ぶこともできるでしょう。全て通学で受講するよりも、通信と通学を組み合わせたほうが、受講料が安い傾向があります。

学校の場所で選ぶ

介護認定初任者研修は自宅学習と学校での講義時間が決められていますので、通信や独学でも必ず学校に通って講義を受ける必要が出てきます。そのため、学校の通いやすさも講座を決めるときに重要なポイントになってくるでしょう。

サポートの充実度で選ぶ

学校によって、資格取得前や取得後のサポート体制が変わってきますので、サポートの充実度で講座を選ぶこともできるでしょう。たとえば、資格取得後に就業相談や就業支援が充実していると、資格取得後の就職活動も心強くなります。

介護初心者の最初の関門!介護職員初任者研修を受講しよう

介護職員初任者研修の講座はインターネットで検索できる

介護の仕事は現在もこれからも需要がますます増えていくと考えられています。介護の仕事に就くために最初のステップとなるのが、介護認定初任者研修の資格取得となります。その講座も数多くありますが、自分に合った講座を選ぶためには、さまざまな講座を調べて比較することが大切です。講座はインターネットで検索できますし、不明点について質問もできますので利用してみましょう。

広告募集中