ロゴ
>レポート>介護職員初任者研修の資格取得を目指そう!【効率よく勉強する方法】

介護職員初任者研修の資格取得を目指そう!【効率よく勉強する方法】

資格取得条件

介護の仕事は大きく二つに分かれます。一つは掃除や洗濯や料理などの生活援助です。もう一つは利用者の身体に触れて食事、入浴や排せつなどの日常生活を支援する身体介護です。これは訪問介護でも、施設介護でも同じです。この二つの援助のうちで、利用者の身体に触れる、いわゆる身体介護には介護の資格を保有は必須条件です。介護に関わる資格は、様々あります。短期間で取得できる難易度のあまり高くないもの、難易度の高い国家資格まで様々です。介護職員初任者研修は介護職の初心者という位置づけと言えるでしょう。おおむね3カ月程度で取得可能です。以前は介護職員基礎研修がありましたが、現在は制度が改正され、介護職員初任者研修が入門的な資格と言われています。介護職員初任者研修は、すべての過程が終了した後に試験がありますが、仕事に必要な知識や実技を試されるもので、試験後の実務に役立つ実践的なものと考えるべきでしょう。

通信講座がおすすめ

介護職員初任者研修を受講し、試験に合格すれば、介護の資格保持者となります。資格がないと、仕事内容や利用者の実態などがわからず、仕事に不安を感じるだけでなく、採用等にも支障をきたします。仕事の内容がわかるだけでなく、待遇等も良くなります。介護の資格の中には、大学や専門学校への通学が必要というものもありますが、介護職員初任者研修は学歴や年齢は問われません。通信講座、短期集中講座など、いろいろな方法があります。仕事や家事をしながら資格を取得する方法には通信講座が良いでしょう。介護の知識、介護の考え方、自分に合った介護の理念を確立するなどに関しては、むしろ通信講座に分があるとも言えます。このように、仕事や生活に密着しながら、老齢化や基礎的な医療知識なども学べます。これらの知識は仕事や家事のとき発生するケガや病気の対処や予防にも役立ちます。

広告募集中